この考え方だけで売上が変わる!水商売で売れるコツ

前回の記事では水商売とはどういう職業かという記事を書きました。

初心者でも分かる!水商売はどんな仕事か

今回の記事では”どうやったら売れるのか”そこについてお話していきたいと思います。


さっそくですがどうやったら売れるか詳しくお話していきます。

バッチバチに整形する。

ひたすら鏡の前でモテ仕草の勉強。

後者は私もよく一人で黙々とやっていました。かっこよく魅せたり可愛く魅せたりはとても大事です。そうゆうのもあるに越したことはないです。ですがそれも結局はたったひとつの結論に行き着きます。

難しいことは抜きにしましょう。

スポンサーリンク

お客を惚れさせる

それに尽きます。あまりたったのこれだけで済ませたくもないですが実際これだけです。

「たったそれだけかよ!」「そんなのわかってんだよ!」って思った人も少なくないかもしれませんが結論本当にこれだけなんです。何か小難しいテクニックがあるとかなんとかいう人もいますが、私からしたら細かいテクニック?ナニソレオイシイノ?って感じです。

そんなの知らなくても売れます。むしろそんなことのために時間と労力を費やしてしまうよりここだけに集中して日々努力した方がはるかに近道です。そうゆうのも実践していくに越したことはないですけど結論最終的に惚れさせるというこの部分に辿り着くと思います。

なので惚れさせることにだけ集中すれば良いのです。

ただし、ここで勘違いしたらいけないのが、異性としてじゃなくてもいいんです。お店には恋人がいる人や結婚してる人やただ友達の付き合いで来ているだけの人など数多くのお客が来ます。

なので単に異性として惚れさせるとなると結構難易度が高かったりします。

惚れるといってもいろんな種類がありますよね。

例えば、

  • 一緒にいて楽しい!
  • 会話が弾む!
  • 何も気を使わなくていいから楽!
  • イジめれる!又はイジれる!
  • 逆にイジメられたい!又はイジられたい!
  • 恋愛対象にはなれないが何か好き!

など。

他にもたくさんありますがおおまかな要素としてはこんなとこでしょうか。こう見てみるといろんな人がいますよね。

要するにお客にこう思わせれば勝ちです。「よくわからないけど何か好き」←こんな感じでいいんです。分かりやすく言うと人間として惚れてもらうということです。簡単ですよね。

それとあともうひとつ結構勘違いしてる人多いと思いますが水商売は顔じゃないです。これは断言できます。もちろん顔が良ければ第一印象(入口)が良いので比較的売れやすかったりするとは思いますが実際ナンバー1にはいろんな人がいます。

めちゃくちゃイケてる人もいますしお世辞でもそうは言えないような人もいます。(私が言えませんが)

なので顔ではありません。

そしてナンバー1や売れっ子には人間性の悪い人すらももちろん少なくはありませんが、そういう人はまれで他の優れている部分がそれに勝っていることで売れているのがほとんどです。

自分をどう魅せるか、自分をどうを売り出すかはもちろんそれも大事なことですがそんな細かいこと考えずに自分の好きなように自分の素のスタイルで勝負してそれがお客にうまくハマってどんどん売れていくような人達もいます。それも結局人間性の魅力です。

人間性を磨いてお客に上記のようなことを思わせて上手い惚れさせ方をしていれば不思議と恋人がいても来る人は来ますし、結婚してる人や友達の付き添いで来ていただけの人などからも指名はとれます。

結局比較的売れやすい一番の近道となるのは人間性=惚れさせるということだと私は思います。

『人間性=惚れさせる』

この記事ではとにかくこのたったひとつの考え方をひたすら頭に叩きこんでください。これが水商売の売上向上への大前提で一番の売れるコツだということをお伝えしたくて記事にさせていただきました。

このポイントが頭に入っているか入っていないかで結果は天と地の差で違ってきますのでここはしっかり把握しておきましょう。

それでは今回はこの辺でノシ

次回の記事もすぐに更新させていただきますので是非ご確認ください。

次記事はコチラからどうぞ。
3つのポイントだけでバイトでも稼げる水商売の真実

では皆さん良いお水ライフを(^_-)-☆

せーの、れっつ水商売!!(^^)/w

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。