水商売をやってる間これだけはやっておいた方が良いと思うこと

前回の記事では、水商売からの転職の際に書くことになるであろう履歴書の職歴記入欄についてお話させていただきました。まだ確認していない方は是非ご確認ください。
履歴書の職歴記入欄に水商売と書いて良いのか?

今回の記事では水商売の知識どうこうとかではないんですが、水商売をやっている間にこれだけはやっておいた方が良いというただ私が思ったことなんですが記事にしていきたいと思います。

なんでこの記事を書こうと思ったかと言いますと、これをやっていない人達やできない人達が案外多くてビックリしたからです。

さっそくそれについてお話しますと、

スポンサーリンク

水商売をやっているならとにかく貯金をするべき

こうゆうことです。むしろ人によっては当たり前ですよね?ですがやっていない人、できていない人が結構多いのが現実なんですよ。

その理由としては簡単。

  • 貯金ができるほどの給料が入らない
  • 単純に無駄に使ってしまう

ほぼこういうことですよね。

一つ目の理由は正直まだ売れていないだけなので、給料が入るようになれば貯金するように意識すれば良いだけです。ですが二つ目の項目、これがかなり多いんですがこれに関してはとてももったいないと私は思います。

水商売だけの話ではなく昼職でももちろん貯金はするべきですが、私が言いたいのはせっかく他にない稼ぎやすい業界で働いているんだから。ということです。

当たり前ですが水商売をやっているうちに貯金しておかないと辞めてから必ず後悔します。そして逆に水商売を辞めて貯金がちゃんとあったら本当に良かった~って思います。貯金をしないで水商売をやっている時間はとてももったいないです。

もちろん自己投資で、

  • 歯医者
  • スポーツジム
  • ファッションなどのショッピング
  • 脱毛やエステなどのサロン

などやる人も少なくないと思います。これは良いと思います。

しかしこれを続けてお金が貯金できていないのであれば何の意味もありません。むしろこういう自己投資は貯金をすることを第一前提の目標においてやるべきだと思いますので、結局貯金できていないのならこの自己投資は無駄とは言いませんがほぼほぼ無駄に等しいと私は思います。その場合自己投資しない方が貯金できますよね。

なのでこのように自己投資をする際気をつけるべきことは貯金できないほどの自己投資をしないこと、要するに毎月自分で決めた額をちゃんと貯金をした上で自己投資をするということです。

そして貯金したから自己投資がないという場合は、今度はそれとは別に自己投資分の貯金をするんです。自己投資と言っても金額はたかが知れていますのですぐ貯まると思います。

そうすることによって貯金はしやすくなってくると思います。

分かっている方ももちろんいらっしゃるでしょうが、せっかく水商売をやっているのだからやっているうちに稼いでしっかり貯金しないともったいない時間になってしまいます。今はいいと思いますが辞めてから気づいても遅いです。(長くやっていると特に)

水商売をやる方には、そんなことで『水商売なんてやらなければよかった』などと絶対後悔はしてほしくないのでしっかり貯金だけはしておくことを私は強くオススメします。

それを第一前提にして楽しく働いてほしいです。

今回はこんな感じのラフな記事でしたが少しでも参考になれば幸いでございます。

それでは今回はこの辺でノシ

皆さん良いお水ライフを!(^_-)-☆

せーの、れっつ水商売!!(^^w

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。