水商売で稼ぐ方法を綴る

ホストやキャバクラ、水商売全般の情報・稼ぐ方法・コツなど作成途中ではありますが具体的に解説していくのが目的のサイトです。

ご相談受付中!!
友だち追加
→メルマガ開始!!←

基礎

新人ホストが意識すべき5つのポイント

投稿日:2018年2月2日 更新日:

前回の記事では、ホストから嫌われやすい女性の特徴についてお話しました。

ホストから嫌われやすい女性の特徴9選

さて、ホスト以外の水商売もそして水商売以外の職業でもだいたい新人期間というのは3ヶ月くらいではないでしょうか。

多少違う業界はあっても、だいたいの職業はこのくらいだと思います。

ホストも入店してだいたい3ヶ月間くらいが新人期間だと言われています。

あくまで人にもよりますが、3ヶ月を超えてくると徐々にお客を掴み始める頃でホストクラブというところにもようやく慣れてくる頃です。

ですが中には、夢を追って入店しても自分の思っていた世界とは違ったのか辞めていくホストも大勢います。

やはりこの3ヶ月はホストにとってもかなり肝心でその人にとって辛いこともたくさんあると思いますし、この先どういうホストになっていくかの土台にもなる期間です。

なのでその期間に辞めてしまうというのは、とてももったいないことなんです。まだスタート地点にも立っていないホストが夢を諦めるわけですから。

3ヶ月くらいじゃもちろんホストという仕事のことなんて到底分かりっこないですし、ホストはそこから先が魅力的なんです。

なのでそうならないために、今回は新人ホストが最初に意識することを5つご紹介致します。

せっかく夢を追いかけてホストを始めたのなら、どうせなら思う存分楽しんで思う存分夢を掴んでから辞めた方がいいですよね。

是非参考にしてみてください。

それでは1つずつ解説していきます。

先輩と張り合おうとしない

まずはここです。ホストを始めるだいたいの人は、今までモテてきた人や何かしらの自信を持ってこの業界に来る人が多いです。

もちろん人によっては自信のない人もいるかもしれませんが、基本的にホストの業界を甘く見て入店する人が結構います。

なので、そういう人たちは自然とどこかで周りのホストや先輩と張り合おうとする気持ちがどこかにあるものです。

ですがこの業界に長くいるホスト達はプロです。そこらでモテていた人たちとは恐らくどこか違うでしょう。

女心もある程度は知り尽くしていますし、女性の扱いなども感覚でこなします。

そんな人たちにホストを始めていきなり張り合おうとしてしまっては自分に自信がなくなって落ち込むのがオチです。

なので最初から張り合おうとはせず、『今は無理だけどいずれ抜いてやる』というような割り切った気持ちでいるようにしましょう。

悔しい思いもするとは思いますが、この悔しさがバネになるはずです。

喋れなくても良い

そして新人時代で一番多い悩みが『喋れない』ということ。

中にはごくまれにいきなりでも喋れる人がいますが、最初はほとんどの人が喋れません。何もおかしなことではありませんし恥ずかしいことでもありません。むしろ当たり前です。

今では売れっ子になっているホストも、最初の頃は全く喋れなかったホストがほとんどです。本当に。

もちろん喋ろうとする努力や姿勢は必要ですが、喋らなきゃダメだと思い込みすぎると後々落ち込んでしまう率が高いのでそれは逆効果です。

あまりその辺は考えすぎずに、まずはそのお客様のテーブルに付いているという状況に慣れることが重要です。慣れればいずれ徐々に喋れるようになってきます。

しかも最初は店によってはお客や担当が話を振ってくれることもありますし、相づちだけしていれば上出来だと思います。

ここは本当に多くの新人ホストが悩むポイントだと思いますが、あまり考え込まないことをオススメします。

従業員とのコミュニケーション

何の職業でもそうだと思いますが、働く環境って大事ですよね。

接客業の水商売は特に、従業員とのコミュニケーションをとって自分にとって良い環境を作っていくことで接客のパフォーマンスもほぼ確実にあがります。

コミュニケーションをとるのが苦手な人でも、ホストは基本的に後輩を可愛がるのが好きな人が多いと思うのでいつの間にか仲良くなっていることも少なくありません。

先ほどの『喋れない』というのもそうですが、自分にとってアウェイな場にいるからパフォーマンスも上がらず上手くいきにくいこともあるんです。

従業員とのコミュニケーションをとって自分にとってホームな場所にしてしまえば、慣れも早いですしその分喋りやパフォーマンスも上がり、変な気を使わない環境が出来上がります。

かなり重要なことなので普段からなるべく意識するように心がけましょう。

お客を好きになるよう努力する

ここで勘違いしてほしくないのが、好きになるというのは『恋愛対象』とかではなく『人として好意を持つ』ということです。

そして新規客に対してももちろん言えることですが、ここで主に言いたいのはヘルプ客に対してということです。

お客全員を自分の味方につける勢いでもいいと思います。

いきなり味方につけるのは難しいかもしれませんが、好意を持って接することでその姿勢がお客や担当、そして周りの従業員にも伝わります。

お客側も自分に好意を持ってくれているヘルプが付いてくれるのはとても嬉しいことです。

これが逆に『嫌い』だとか『興味がない』という気持ちがどこかにあれば、それはほぼほぼ相手にバレます。伝わります。新人なら尚更です。

なので好意を持って接するようにしてください。そうすることで思わぬ場面で場内指名を貰えたり、そのお客が友達を連れてきた時に指名を煽ってくれることもあるかもしれません。

むしろお気に入りのヘルプを友達に指名させるということは、お客同士の間ではよくあることです。

新規客はとにかくがっつく

水商売というのは駆け引きがとても大事でホストも同じでかなり大事なことですが、新人の間はとにかくテクニックのことなどは考えずにがむしゃらに食いつくことが大事です。

それが新人ホストの良い部分でもあります。何もしらない段階で、がむしゃらに頑張って失敗してしまうのならそれで良いんです。

長いことやっていると失敗を恐れることも出てきてしまうので、新人時代のうちにいっぱい失敗して学びましょう。頑張った分だけ学べることも多いでしょう。

キャラというものも出来上がっていない段階ですし、自分を出せなかったり形にならなかったりするかもしれませんが、新人期間はとにかくがっつくことが大事です。

がっつき方は人それぞれなので、最初は先輩のがっつき方を真似してみるのもいいかもしれません。やっていれば徐々に自分に合ったがっつき方が分かってきます。

そしてそのうちお客によって、『このお客はあまり食いつかない方がいいな』とか『このお客は食いついた方がいい』というのもなんとなく分かってくるはずです。

その時に自分に合ったがっつき方を知らないと良いパフォーマンスが出来ませんよね。

この経験が役に立つ時が必ずくると思います。駆け引き云々は経験を積んでから考えるようにしましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

新人ホストの間は、この5つを意識するだけで全然変わってくると思います。

そして新人期間を終えたその先にも課題はまだまだ存在します。

その課題を少しでもスムーズに、そして良い流れでホストを続けていくためにも今のうちから意識するべきことはしっかり把握しておきましょう。

ホストというのは人それぞれです。あくまで基本的な営業方法や知識や常識等はあるかもしれませんが、ただ誰かと全く同じでいる必要はありません。

オリジナル性が大事です。それがその人それぞれの色であり、アピールポイントでもあるんです。

正解なんてほとんど無いのがこの夜の世界。自分に自信を持ちましょう。

それでは今回はこの辺でっノシ

皆さん良いお水ライフをっ!!!

れっつ!水商売!!(^_-)-☆

-基礎
-

執筆者:

Psホワイトクリーム

    はじめまして。montaです。 10年以上の水商売経験を生かし、いろんな方に水商売に関する情報など具体的にお伝えしていきます。 このサイトがいろんな方の役に立てれば幸いです。