水商売で稼ぐ方法を綴る

ホストやキャバクラ、水商売全般の情報・稼ぐ方法・コツなど作成途中ではありますが具体的に解説していくのが目的のサイトです。

ご相談受付中!!
友だち追加
→メルマガ開始!!←

基礎

水商売でも後輩の育て方は大事?

投稿日:2018年2月11日 更新日:

さて、いきなりですが皆さんは職場の後輩に対してどういった育て方をしているでしょうか。

世の中にはいろんな職業がありますが、ホストやキャバクラといった水商売でも頻繁に『後輩』が入店してくると思います。

見た目が良い後輩からそうでない後輩、面白い後輩やそうでない後輩など、いろんな後輩が存在すると思います。

例えどんな後輩であっても後輩であることは変わりありませんので、できることならせっかく水商売を始めたのならとことん輝かせてあげたいのが先輩たちの本音ですよね。

入店したばかりの時はどうであろうと、それがいつしか化けてカリスマホストやカリスマキャバ嬢になるかも分かりません。

時たま本当にびっくりするくらい化けるキャストもいますからね。ホストもキャバ嬢も。

そのキャストがどう化けるかはお店や先輩たち次第といっても過言ではないと思います。

そこで今回は水商売の後輩を育てる上でなるべく気をつけておきたい・意識しておきたいことについてお話していきたいと思います。

これが必ずしも正解というワケではありませんが少しでも参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

基本は怒らないスタンスで

これは甘やかすという意味ではなく、もちろん悪いことや店舗の決まりごと・ルールなどを守らなかったりしたら怒ってあげるべきでしょう。

基本的にはあまり怒らない姿勢で構えていた方が良いと思います。

多少人による部分もあるとは思いますが、基本的にはそちらの方が後輩も早く心を開きやすいと思いますし、後輩のパフォーマンスも上がりやすいと思います。

そして万が一怒らないといけない場面があっても、なるべくお客の前では怒らないように心がけましょう。

後輩からの恨みも買いやすければお客も不快にしやすいです。後輩に対してもお客に対してもプラスなんて何一つありません。

客商売である以上、お客の前ではよりパーフェクトなパフォーマンスを心がけるべきだと思うので、怒らないといけない場面での説教はなるべく裏で済ませましょう。

そうすることで後輩は、場面を見て冷静にしっかり配慮してくれていると感じるはずです。

信頼はとても大事なのでそういうところからも信頼を積み上げていきたいですね。

自分のやり方を押し付けない

後輩に対して、売れている自分のやり方を教えたくなるのはすごく分かります。

可愛がっている後輩なら尚更、成功してほしいと願っている先輩は多いと思うのでつい自分のやり方を押し付けてしまう人もいます。

でもそれは時に間違っている可能性もあったりします。

人間というのは優れている点や欠けている点は人それぞれですよね。

ということは自分のやり方を押し付けることによって、逆にその後輩が予め持ってあったであろう優れている点が生かせないこともあります。

『自分のやり方』というのは基本的に自分での成功例なだけであって、後輩全員がその通りにして成功するかといえば必ずしもそうではないはずです。

自分が成功しているからといって、後輩の見えない可能性を潰してしまうのは勿体ないです。

『自分ならこうする』程度なら良いと思いますが、押し付けすぎは注意ということです。

なので教え方としては『水商売は基本的にはこういうものだよ』といって、水商売のセオリーのようなものを伝えていくような感覚が一番良いと思います。

その上で後輩はどういう風にしていきたいか等を聞き出して一般的な選択肢を教えてあげたり。

とにかく見えない可能性を引き出してあげるような先輩になれるように心がけたいですね。

スポンサーリンク

水記事下PC(呼び出しもここ適用)

後輩のヘルプにも付いてあげる

後輩に接客を分かってもらうには実際に見てもらった方が早いですし分かりやすいです。

その席の空気や流れ、フィーリングやテンションなどもありますからね。

もちろん席につかなくとも営業外で教えることも大事ですが、実際に後輩のヘルプにも付いてあげるのはもっと大事だと思います。

後輩も嬉しいでしょうし、お客も嬉しいでしょう。

何より自分の目でその後輩のお客を接客して感じることができるので、その後の後輩にもアドバイス等しやすいです。

そして後輩との接客上のコミュニケーションにもなるので、繰り返すことによって接客のチームプレイがしやすくなります。

会話のテンポ・ノリなど合わすことが割りと難しくなくなるので、今後の連携もとりやすくなると思います。

後輩にとってもお客にとってもプラスですし、時には自分の接客の一部になってくれることもいずれあるかもしれません。

後輩から『ヘルプ付いてください』というのはなかなか勇気がいるかもしれないので、なるべく自分からガンガン付いてあげたいですね。

程よく誘ったりしてみる

これは休日でも営業後でも営業前でも。

誘いすぎも人によっては監視されてると思われたりするかもしれないので、程よく誘ってあげることが大事だと思います。

接客上のコミュニケーションだけではやはりお互いの本当に考えていることが分からない時もあるので、こういう時間を設けるのはとても重要です。

ご飯だけじゃなく、時には買い物に付き合ってもらったり。

後輩にとっては夜の世界で働く先輩たちがどんな買い物をしているのかとても気になるものです。

それを時に見せて夢を与えてあげることによって、かなりの刺激を受けるでしょう。

後輩のテンションやモチベーションも上がって、やる気に繋がれば先輩としても嬉しいですよね。

そしてもちろんプライベートと言わなくとも、アフターに連れ出してあげるのも効果的です。

それも後輩にとってはかなり良い刺激になると思います。

まとめ

いかがだったでしょうか。

やはり後輩というのは、他人事のように接していても信用してくれませんし成長しにくいと思います。

先輩という立場にたっている以上、いつでもベストな育て方を意識して後輩と付き合っていきたいものです。

いずれにせよ人と人、そして先輩と後輩というものも、いずれ大切な人脈になるはずです。

大事に愛を持って接していきたいですね。

それでは今回はこの辺でノシ

皆さん良いお水ライフをっ!!!

レッツ!水商売っ!!(^_-)-☆

スポンサーリンク

水記事下PC(呼び出しもここ適用)

水記事下PC(呼び出しもここ適用)

-基礎
-

執筆者:

Psホワイトクリーム

    はじめまして。montaです。 10年以上の水商売経験を生かし、いろんな方に水商売に関する情報など具体的にお伝えしていきます。 このサイトがいろんな方の役に立てれば幸いです。