水商売で稼ぐ方法を綴る

ホストやキャバクラ、水商売全般の情報・稼ぐ方法・コツなど作成途中ではありますが具体的に解説していくのが目的のサイトです。

ご相談受付中!!
友だち追加

広告

新宿歌舞伎町トップホスト流 2日で激モテの極意

転職

昼職から水商売へ転職を考えている人に伝えたいこと

投稿日:2017年6月1日 更新日:

前回の記事では女性の水商売を5種類ご紹介させていただきました。まだ確認していない方は是非ご確認ください。

女性の水商売5種類を解説

今回の記事では今現在お昼のお仕事をされている方、いわゆる昼職をされている方が水商売に転職するのはやめた方がいいか?というところに焦点を合わせてお話していきたいと思います。

私がよく耳にするのは「せっかく今昼職で働いてるんだからやめなよ」「わざわざ成り下がらない方がいいよ」「二度と昼職には戻れないよ」とか、口が悪い人だと「バカばっかりだからあんたまでバカになるよ」とかいう方もいます。

言いたいことはとても分かりますしそれで気が引けてあまり水商売をやろうか迷ってしまう方も結構いらっしゃると思います。昼職からの水商売だと健康保険のことなども実際気になりますからね(保険などのことについては後日改めて記事にさせて頂きます)。

ですが恐らくそもそもそういった発言をするというのは保険などのことを除けばただの『世間の印象』だけがそうさせていることがほとんどだと私は思います。唯一、一理あるかなと思ったのは二度と昼職には戻れないという意見。なのでいつもこう言った発言を聞いても「まぁ間違ってはない」という風に思うようにしているんですが、ただ実際は場合によっては必ずしもそうなるとは限らないケースや失敗しない条件もあると確信しています。

要するにその条件に該当することができれば昼職から水商売に転職しても失敗しないことは可能だということです。私はそう考えています。

ではそれはどんな条件なのかいわゆる昼職から転職しても失敗しない条件とは何なのかを今からひとつひとつ解説していきたいと思うので是非参考にしていただきたいのですが、ただその前にひとつ分かっていてほしいことがあります。

それは何をするにも全て『人』次第だということ。世間の印象は所詮ただの印象に過ぎません。そして仮に上記の発言のようなものが事実だとしてもそれはその『人』の話なだけで全ての『人』がそれに該当するわけではないということです。

結果は全て『人』次第だということ、つまり『自分次第』だということを第一前提に把握しておいてください。

それではその上でどういった条件を自分自身に兼ね備えれば良いのかさっそく見ていきましょう。

1つずつ細かく解説していきます。

何か明確な夢や目標がある

これが一番重要で自分の芯となる部分です。例を出すなら”飲食店を出したいから水商売という稼げる仕事を1年だけやってその間にお金を貯めてきっぱりやめる”などという明確な目標です。つまり何かの目標のための通過点として行うということ。

この部分を持っている人なら夢のためなので世間の印象なんてまず眼中に入ってこないと思います。

あとポイントなのが必ず期間や設定到達貯金額を決めておくということです。何も明確じゃない状態でこの業界に入るとそれこそ昼職には戻れない確率が高くなったります。

なぜかというとやはり何も考えずに今お金がほしいという目先の理由だけでやっていたら水商売は金銭感覚も狂やすいしそれにナーナーという怠けが付加されるととにかく今のままでもいいという考えになったり現状維持を保つ習慣がついたりしていまいます。現状維持も100%悪いこととは言いませんが結果それでズルズルいくことがほとんどなので現状維持ではなく必ず明確な夢や目標を持って行動すべきだと思います。

やっぱり水商売は違うかな?と思ったらすぐ辞めれる決断力と勇気を持っている

これが案外難しくて、結構うまくいくことを願いすぎてそれをずっと待ってしまう人が多いんです。もちろん結果が出るまで続ければいつか必ず成功しますのでそう思って長く続けるのは大事なことだと思います。ですがそれを待っていてもどれだけ時間がかかるかも分かりませんし、水商売は特にまず自分でちょっとでも無理だと感じてしまったなら実際そうなんだと受け入れてシフトチェンジするということが大事になってきます。

そこでシフトチェンジして自分のやりたいことを1から探しなおすか、このままいつか成功する日が来るからと言って待つか、ここの別れ道でかなりの差が出てきます。

本当に思っている以上に、ちょっとタイミングを間違えただけでズルズルいくのがこの水商売です。だいたいの人がここを間違えて長いことやって失敗することが多いです(もちろん中には成功してる人もいますが)。しかも世間の水商売の印象は大抵ここのタイミングを誤っている人を意味すると思います。世間の印象の多くはこの部分でも大きく印象付けられていることでしょう。

ですが先ほどもお伝えしたように結局『人』次第で、『自分次第』です。ここは自分がそう思ったら素直にそうするのが一番良いやり方かなと思います。

あと周りに上手いこと丸め込まれたりすることも十分考えられるのでそこも自分を信じましょう。

そして下の記事でも述べている通り入店前には必ず何かあったらすぐ辞めれるのかを店舗側に確認しておくことが重要です。
水商売をやりたい!水商売の始め方

どんな状況でも仕事中は楽しめる

最後の3つ目はこれです。

水商売の人たちは昼職の人が理解できないくらい”とにかく楽しみたい人”が多いです。テンションなどもドン引きする人も少なくありません。それもかなり水商売の特徴です。

それでどんなに困惑してもどんなに理解できなくてもどんなに疑問でもとにかく自分も楽しむこと

そこで例えば自分を出せず殻に閉じこもるというような雰囲気だと水商売では結構難しかったり時間がかかったりすると思います。最初の数日は仕方ないとして。

どの職業でも言えることですが楽しむことや楽しさをコントロールすることも仕事のうちです。むしろ水商売は楽しむことが仕事といっても過言ではありません。

楽しむことで従業員とのコミュニケーションも取れてきて、そうすることによって働きやすい環境=売上をあげれる環境が必ずできてきます。皆でWINWINな関係を築くことによって成功しやすくなるのです。

まとめ

この3つを意識していれば昼職からの転職も十分考えて良いと思いますし何の躊躇もすることはないと思います。せっかく昼職やってるんだから勿体ないなど個人的にはそんな風には思いません。

どちらかというと仕事も楽しめるタイプですぐ辞めれるような勇気もあってやりたい目的や目標が決まっているのに、短期間でも最もお金を稼ぎやすい水商売をやらないという方が勿体ないと私は考えております。

以上今回はこの辺でノシ

またすぐ更新致します。

それでは皆さん良いお水ライフを!(^_-)-☆

せーの、れっつ水商売!!(^^w

スポンサーリンク

-転職
-

執筆者:

サイト内検索


キャバクラ派遣【TRY18】
    はじめまして。montaです。 10年以上の水商売経験を生かし、いろんな方に水商売に関する情報など具体的にお伝えしていきます。 このサイトがいろんな方の役に立てれば幸いです。