水商売で稼ぐ方法を綴る

ホストやキャバクラ、水商売全般の情報・稼ぐ方法・コツなど作成途中ではありますが具体的に解説していくのが目的のサイトです。

ご相談受付中!!
友だち追加
→メルマガ開始!!←

転職

昼職から水商売へ転職を考えている人に伝えたいこと

投稿日:2017年6月1日 更新日:

前回の記事では女性の水商売を5種類ご紹介させていただきました。まだ確認していない方は是非ご確認ください。

女性の水商売5種類を解説

さて、いきなりですが

昼職の皆さんは水商売に転職しようか考えたことがありますか?

ほとんどの人はないと思いますが、やはり水商売も人気の職業です。

ちょこちょこ昼職から水商売のほうに転職される人も少なくありません。

そんな中あまり勇気が出せず、一歩踏み出すことができていない人も多いはず。

今回はそんな人たちに向けて、水商売への転職の際に意識すべきことについてお話していきたいと思います。

水商売への転職について

昼職の人たちが水商売に転職を考えている中、世間一般の人たちは、

「せっかく今昼職で働いてるんだからやめなよ」
「わざわざ成り下がらない方がいい」
「二度と昼職には戻れないよ」

とか、口が悪い人だと「バカばっかりだからあんたまでバカになるよ」とかいう人もいます。

実際それで気が引けて水商売に転職する気が無くなった人も結構いるはずです。

昼職からの水商売だと、とても大きくて重要な決断になりますからね。

ですが、実際に水商売経験者が言っているのならまだ分かりますが、昼職しか経験していない夜の仕事を何も知らないのに言っている人がほとんどです。

つまり、そもそもそういった発言をする人たちに関しては『世間の印象』がそう発言させているということです。

もちろん水商売への転職は悩んだりしますしそう簡単にはいかないと思いますが、水商売も『仕事』です。

水商売に転職したいという考えが出てきたのであれば、周りに振り回されず思い切って自分のやりたいことを一度やってみるというのも良い決断だと思います。

二度と昼職には戻れない!?

水商売を批判する意見の中で「二度と昼職には戻れない」という発言を聞いたことがあります。

結論から言うと、そんなことはありません。

もちろん人によっては金銭感覚などが狂ってしまい水商売以外できなくなってしまう、又は昼職に転職した際に精神的に苦労するという人もいます。

ですが、水商売をあっさり辞めて普通に昼職をして幸せに暮らしている人は多いです。

そしてその一方で、水商売で成功している人もいます。

やはりその人たちには、共通するポイントがあります。

つまり、このポイントを押さえておけば少なからず水商売を始めても、失敗は防ぎやすいということです。

ではそのポイントとは何か。

細かく見ていきましょう。

何か明確な夢や目標を決めておく

これが一番重要で自分の芯となる部分です。

例えば、「飲食店を出したいから水商売という稼げる仕事を1年だけやって、その間にお金を貯めてきっぱりやめる」

などという明確な目標です。

つまり「水商売」というものを、何かの目標のための通過点として利用するということ。

そして更に重要なのが、必ず期間や設定到達貯金額を決めておくということです。

何も明確じゃない状態でこの業界に入るとそれこそ昼職には戻れない確率が高くなります。

なぜなら、何も考えずに今お金がほしいという目先だけの理由でやっていたらそれこそ金銭感覚も狂やすいですし、もはや今のままでも良いと思うようになりやすいからです。

そうなってしまうとズルズルいきます。

限りある時間をズルズル過ごしてしまうのはとても勿体ないです。

必ず明確な夢や目標を持って行動すべきだと思います。

違うと思ったらすぐ辞める決断力

これが案外難しくて、水商売で上手くいくことを願いすぎてそれをずっと待ってしまう人が多いです。

そうなると結果的には、上記と同様ズルズルいくことになりやすいです。

もちろん結果が出るまで続ければいつか必ず成功するという考えでやっていくのは大事なことです。

ですが、待っていてもどれだけ明確な時間は分かりませんし、タイミングを見極めてダメならダメでサッと切り替えてシフトチェンジするのも一つの手段です。

少しタイミングを間違えただけでズルズルいくのがこの水商売です。

ズルズル水商売が辞めれない人というのは、恐らくここのタイミングを間違えた結果そうなっていることがほとんどだと思います。

シフトチェンジの決断は難しいかもしれませんが、どの道を選択するにしても、自分次第で結果は出るはずです。

結果が大事です。自分にとって良い方向に転べれば、それは正しい決断だったということです。

ちなみに、辞める際は周りに上手いこと丸め込まれたりする場合も十分考えられるので、なるべく振り回されないように自分を強く持ちましょう。

下の記事でも述べている通り、入店前には必ず何かあったらすぐ辞めれるのかを店舗側に確認しておくことが重要です。
水商売をやりたい!水商売の始め方

どんな状況でも仕事中は楽しむ

水商売の人たちは昼職の人が理解できないくらい「とにかく楽しみたい人」が多いです。

テンションもドン引きするくらい高い人もいます。それも水商売の特徴です。

それでどんなに困惑してもどんなに理解できなくてもどんなに疑問でもとにかく自分も楽しむこと

本当にこれ大事です。

自分を出せず殻に閉じこもってしまうと、水商売では結構難しかったり時間がかかったりすると思います。

どの職業でも言えることですが、楽しむことや楽しさをコントロールすることも仕事のうちです。

むしろ水商売は特に楽しむことが仕事といっても良いです。

楽しむことで従業員とのコミュニケーションも取れてきて、それにより働きやすい環境=売上が上がる環境が必ずできてきます。

皆でWINWINな関係を築くことによって成功しやすくなるのです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

以上3点を意識していれば昼職からの転職も十分考えて良いと思いますし何の躊躇もすることないと思います。

むしろ逆に、上記の3点を兼ね備えている人が水商売をやらずにいるっていうのはかなり勿体ないです。

人によっては、やってみると案外楽なんてこともあります。全ては「人」次第です。

世間の印象もただの印象に過ぎません。

そして、いろんなマイナスな発言をする人も結局その「人」の考えであって、全ての「人」に該当するとは限りません。

結局は「人」です。

これを第一前提で把握しておきましょう。

是非参考にしてみてください。

それでは今回はこの辺でノシ

皆さん良いお水ライフを!(^_-)-☆

せーの、れっつ水商売!!(^^w

-転職
-

執筆者:

Psホワイトクリーム

    はじめまして。montaです。 10年以上の水商売経験を生かし、いろんな方に水商売に関する情報など具体的にお伝えしていきます。 このサイトがいろんな方の役に立てれば幸いです。