ヘルプでお客様に気に入られる3つのコツ!

前回までの記事では、ホストやキャバクラ、水商売のヘルプについてコツやポイントなどを書いてきました。まだ見ていない人は是非ご覧になってください。

ヘルプ力の上昇ももちろん重要ですが、それと同じくらいお客様にも気に入られないとそもそもヘルプなんてやってられないですよね。

そこで今回は、ヘルプでお客様に気に入られる方法を3つにまとめてみましたので解説していきたいと思います。

さっそく見ていきましょう。

ヘルプでお客様に気に入ってもらう3つのコツとは何なのか。

1つずつ解説していきます。


スポンサーリンク

言われたことは基本やる

これはそもそも水商売の基本ですが、お客に言われたことはよっぽどのこと以外はやるということです。

具体的に言うと、例えば無茶ぶりや一発芸などです。

意外にこれができない人結構いるんですが、恥ずかしがらず自分が楽しむつもりでやると案外楽にできます。

そして敢えて言うこときかずに挑発して相手を惹きつける方法もありますが、それはある程度の実践能力と相手を見極める能力が必要になってきますので、まずはここの部分をしっかり固めてからでも良いと思います。

あと、さすがに人としておかしいことを言われて、言うことを聞く必要まではないと思いますが、それ以外のことは基本的にやっておいた方がお客様には気に入られやすいです。

逆にやらなかったらただのノリの悪い人になってしまいます。相手も自分も楽しむつもりでやれば雰囲気もよくなって徐々に距離が縮まってきます。

大事なポイントなので意識しておきましょう。

困ったことを解消してあげる

これは水商売に限らずビジネス全般に言えますが、世の中相手の困ったを解消することでお互いメリットが生まれますよね。

それと同じで、相談にのってあげたりストレス発散にのってあげたりとにかく何か助けてあげるような気持ちが大事です。

ここで人間味も分かってもらえますし、信用、信頼性なども生まれるので、例えば今後同じような事態になったときに場内指名やヘルプ指名などが入ることも珍しくありません。

簡単に言うと何をするにも気遣いや思いやりが表れていれば良いと思います。極端なことを言うと、別に困ってなくてもたまに何気なくプレゼントを渡してみるとか。

そういう気遣いや思いやりがあれば必ず気に入ってくれます。お客もただの人であって対人になるわけなので。

腹黒いだけでは良いことはありませんよ。

何回も席につく

まぁつけ回しが絶対っていう店舗は難しいかもしれませんが、

これは気に入られるのはもちろん特に覚えてもらいやすいというものです。何回も席につくことによって強い印象や強いインパクトが残せます。

当たり前ですが一緒にいる時間が増えれば増えるほどそれだけ距離を縮めやすくなってきます。何回も席につくということは、単純にそういうチャンスも増えるということです。

仮にマイナスに、この人何回も来るな~とか思われても少し時間がたったら、あれ!次はいつ席つくの?とか早くついて!とか言われるようになることもかなり多いです。
席につけば席につく分それだけチャンスが増えるってだけでもまず試してみる価値はあると思います。

私がいままで見てきたキャストも、「あそこつきたくないからつかない」って言ってるキャストはほぼヘルプで気に入られていませんでした。

気に入られている人のほとんどが「あそこついていいですか!あそこつきます!」って言って何回もつけるような人です。

意識してみるだけでも十分変わってきます。

まとめ

いかがだったでしょうか。

これが全てではありませんが、数ある中から特に重要なコツ、尚且つ分かりやすいポイントとして紹介させていただきました。

3つとも比較的簡単に実行できると思いますので、是非参考にしてみてください。

では今回はこのへんでノシ

最後まで見て頂いてありがとうございました。

次回からの記事では、テーブルマナーや指名をもらうためのコツ、そして基礎知識や用語などの記事も追加していきたいと思いますのでそちらの記事もよろしければご覧になってください(^^)

それでは皆さん良いお水ライフを!(^^)/

せーの、れっつ水商売!!(^^w

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。