今更聞けない…同伴とは

前回の記事では、ホストやキャバクラ、水商売の基本となるテーブルマナーについてお話させていただきました。まだ確認していない方は是非ご確認ください。

前回の記事はこちらから↓
今更聞けない…テーブルマナーとは

今回の記事ではお客を呼ぶ一つの手段となったりする重要な”同伴”とは何なのかをお話していきたいと思います。

それではさっそくお話していきますが同伴とは、お客に自分との二人っきりの時間を与えて娯楽を提供して規定の時間までにお店に行くというものです。

普通にお店にいて話すよりももちろんお客にとってはかなり貴重な時間になりますので、人気が出てきたら同伴をお願いされることもかなり多くなってきます。

そして何も考えずにキャスト側がただ同伴したいからとお願いしてもお客からは断られたり悪い印象を与えるので基本的にはお客をコントロールしてきた頃かそれより少し前に行動をしかけるのが普通です。

だいたいコントロールがつく頃には一言”同伴して”とだけいえば大抵はしてくれます。もちろん人にもよりますが(笑)

内容としては、ご飯を食べたり映画を見たりなので、デートのようなものだと思って良いと思います。お客からしたら最高ですよね。

あとは何かお祝いの日や記念の日などに同伴することによって効果を倍増しますし、喧嘩をしている時や何かシビアな時も、この同伴をすることによって問題がある程度解決してしまうこともあります。

なのでタイミングはかなり重要で同伴のしすぎも良くないですし、同伴のしなさすぎも良くもないのです。

人によって思うことや受け止め方などが違うのでコツなどは特にありませんが、重要になってくるのは相手のもとめていることを把握するということです。

それだけであとは今のこのタイミングでアメを与えて良いかムチを与えるべきなのかを判断するだけになるので、慣れてくればある程度はそれに合わせて動けるようになってきます。

最初の頃はその店舗の先輩や上司、周りの人に相談した上で同伴するかしないか判断してもらって、慣れてきたら自分で判断してやっていくというのが一般的だと思います。

使いこなせばかなりの武器になりますので、しっかり相手の気持ちを読んで行動を起こせるように常に相手の気持ちを読むための努力をするようにしましょう。

すると自然にタイミングが見えてくるはずです。

では今回はこのへんでノシ

次回もまたすぐ更新したいと思いますので気になる人は是非ご確認ください。

では皆さん良いお水ライフを!(^_-)-☆

せーの、れっつ水商売!!(^^w

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。