水商売で稼ぐ方法を綴る

ホストやキャバクラ、水商売全般の情報・稼ぐ方法・コツなど作成途中ではありますが具体的に解説していくのが目的のサイトです。

ご相談受付中!!
友だち追加
→メルマガ開始!!←

基礎

水商売ベテランでも客ができない時期はある

投稿日:

娯楽として知られる夜のお店。

そんな水商売のお店で働く人たちは毎日お客を作る為に必死です。

どれだけ何人のお客ができようと、もっともっと新しい客を掴もうとするのが普通です。

夜歴が長いベテランは特に休むことを知らずに稼ぐためにどんどんお客を呼び寄せます。

なのでずっとハッピーで最高な時間が続いてるんだろうと思う人も少なくないと思います。

ですがそんなベテランでもお客ができない時期はあります。

スポンサーリンク

お客ができない時ってどんな時?

これは人にもよりますし、その時のタイミングや気分、モチベーションやコンディションなどでも変わってきます。

ですが、ベテランに関してのこの問題はある程度どんな時期か決まっています。

それは単純に、天狗の時期です。

「お客ができない時期」に陥っているベテランが皆が皆天狗が原因とは言えませんが、少なくともそれが原因でお客ができなくなる人がいることも事実です。

水商売をやっていると天狗になるタイミングというのは遅かれ早かれほぼ確実にあります。

天狗になると自分では気づきませんが、気が緩んでしまいます。

ほとんどは天狗になると自信に変わって更に売上なども向上することが多いですが、逆に気を緩めてしまってお客ができなくなる場合もあるんです。

では水商売で天狗になりやすいタイミングというのはどんなタイミングなのか。

ナンバーワンになった時

ひとつは、ナンバーワンになった時。これが一番多い気がします。

指名本数、売上どちらでも言えます。

ナンバーワンになった“時”というより、なった“後”と言った方が正しいかもしれません。

特に何ヶ月か継続してナンバーワンになっている状態の時は天狗になりやすいです。

ナンバーワンなのにお客が増えないという現象は、ほとんどこれが原因。

次々と先輩が辞めて自分が上になった時

これは言い換えれば「安心感」とも言えるかもしれませんが、天狗そのものになる人もいます。

上から言われることも少なくなりますし、気を使うこともなくなります。

ここで天狗になる人は、極端に言うと自分の思うがまま自由にできるという心理が働きやすいんだと思います。

もはや自分が上なのだから、ここはしっかりしたいところですね。

その日の売上が1位だった時

これはベテランでは非常に珍しいケースです。

天狗になる人のほとんどは数日間かけて天狗になることが多いですが、中にはその日1日だけでガラッと天狗になる人もいます。

売上や指名が、その日そのお店で自分が1番だった時は多少は嬉しいですよね。

ホストで言うとその日のラスソンを獲った時ですね。

喜んだあとに天狗にまでなってしまわないように気をつけたいですね。

周りから褒められ始めた時

売上や指名とは関係なく、単純に褒められ始めたくらいから天狗になり始める人もいます。

そもそも無駄に褒めすぎる人も多いです。

そんな人から褒められたり認められると自分に自信が湧くものですが、自分を過信しすぎる人も少なくありません。

調子にのって過信しすぎると、本当の自分を見失ってお客を掴むどころじゃありません。

十分に気を付けたいですね。

この問題を防ぐには

さて、このような問題が起きるのは仕方がないとして、ここをどうやって乗り切るかというところです。

冒頭でも述べた通り、天狗になるタイミングというのは水商売をやっていれば遅かれ早かれ1度はほぼ必ず来ると思います。

なので一番良いのは、前もって対処しておくことです。

要するに事前に天狗になるのを防ぐ必要があります。

事前に防ぐとなれば、普段から自重しておくことが重要です。

何をするにも自重。売上を上げても自重。

やはり天狗でもそれが良い自信になり、それが売上アップや指名本数上昇に繋がることもあるので一概には言えませんが、ある程度内心だけは自重しておくと良いと思います。

尚、何も周りから見ても分かるように大げさに自重する必要はないです。人によってはオリジナリティーや色が消えてしまうかもしれませんから。

あくまで自分の為にですよ。

スポンサーリンク

水記事下PC(呼び出しもここ適用)

たった一つの打開策

そして事前に対処することができず、既に天狗になってしまった時はどうすべきか。

既に天狗になっていても、事前であろうが事後であろうが上記の通りに自重するのも良いです。

ですがこうなってしまった時は、一番良い打開策があります。

それは、『原点に戻る』。これに限ります。

天狗になってしまって、つまずいた後だからこそ自信を持ってできるはずです。

つまずいていないのならそれは良い自信となって吉と出ている証拠。調子が良いのなら初心は忘れずとも、原点に戻ってまでやり直す必要はないと思います。

何かに迷ったりつまずいた時はこの打開策は最強です。

これが継続して売れ続けるための秘訣と言っても過言ではないと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか。

このようにベテランでもお客ができなくなる時期は当然あります。

重要なのは、そこから先をどう足掻くかです。

余裕そうな人でも、小さなところで努力をしているものです。

是非参考になれば幸いでございます。

それでは今回はこの辺でノシ

皆さん良いお水ライフをっ!!!

レッツ!水商売っ!!(^_-)-☆

スポンサーリンク

水記事下PC(呼び出しもここ適用)

水記事下PC(呼び出しもここ適用)

-基礎
-

執筆者:

Psホワイトクリーム

    はじめまして。montaです。 10年以上の水商売経験を生かし、いろんな方に水商売に関する情報など具体的にお伝えしていきます。 このサイトがいろんな方の役に立てれば幸いです。